ORTOFON モデル SPU #1S   MCカートリッヂ丸針

型番 ORTOFON モデル SPU #1S
定価 62,640円(税込67,651円)
販売価格 56,000円(税込60,480円)
購入数

(オルトフォン)は、Munich HIGH END 2016において、
同社カートリッジの最新モデルSPU #1Sを発表した。

オルトフォンが今回のMunich HIGH ENDで発表した新しいSPU「SPU #1」


1950年代後半に登場したSPUカートリッジは、創業95年を超えた同社にとってとりわけ大きな意味を持つ
カートリッジで、現在にいたるまでオーディオファイルのベンチマークとして君臨し続けている、
オルトフォンのアイコン的モデルでもある。

かつてのオーディオ全盛期からのユーザーはもちろん、これからアナログオーディオを
はじめようというユーザーにとってもSPUは憧れの対象となっており、
その存在感は世界的に見ても極めて大きい。

SPU #1という名前には、そんなアナログオーディオで重要なポジションを担うオルトフォンの、
さまざまな想いが込められている。

そのひとつが、「マイ・ファーストSPU」という意味。これはすでにレコードを楽しんでいる
ユーザーはもちろん、これからレコードを聴きはじめたいというユーザーにとっても
「自分にとって初めてのSPU」として、SPUの名に恥じぬサウンドを実現するということ。
SPU #1のサウンドを体験したユーザーが、
その後もレコード再生に価値を見出して欲しいという意味が込められている。

;">■ 仕 様
■出力電圧 (1kHz, 5cm/sec.): 0.18 mV
•チャンネルバランス (1 kHz): 1.5 dB以内
•チャンネルセパレーション (1 kHz): 20 dB以上
•チャンネルセパレーション (15 kHz): 10 dB以上
•周波数特性(20Hz - 20,000 Hz): ±3dB
•トラッキングアビリティー (315Hz、水平): 65 μm
•水平コンプライアンス: 10 μm/mN
•スタイラスタイプ: 丸針(SPU #1S)
•スタイラスチップ半径: R18μm (SPU#1S)/r
•カンチレバー素材: アルミニウム
•針圧範囲: 3.0-5.0 g
•適正針圧: 4.0 g
•トラッキング角度: 20°
•内部インピーダンス: 2 Ω
•推奨負荷インピーダンス: 10 Ω以上
•コイル線材: OFC
•カートリッジシェル素材: 木粉および樹脂の複合素材
•自重: 30g



;">※仕様及び外観は改良のため予告なく変更される場合がありますので、最新情報はメーカーページ等にてご確認ください。




Your recent history

About the owner

.

>★オーディオの 修理致します。 ●旧タイプの製品でメーカーで 修理不可と云われた 製品も修理可能です。 但し修理不可の場合も ありますので お問い合わせ下さい。 

Blog

Mobile